過去に7回の引っ越しを経験している、引っ越しマスターの桃子です。

この度、8回目の引っ越しをすることになりました。

今までの豊富な経験から、

  • どこの引っ越し業者が安い
  • どこの引っ越し業者が丁寧
  • どこの引っ越し業者がラク

ズバリ、紹介します!

1番安い引っ越し業者は?

引越のサカイ
引っ越しのサカイです。
2度ほど合い見積もりを取りましたが、やっぱりサカイの方が安く引っ越せました!

知人のハナシですが、『引っ越し業者5社を一気に呼び、「せーの」で査定額を出してもらったらサカイが1番安かった』そうです。

合い見積もりをとる予定なら、絶対にサカイは外さないで下さい!

『そんなに変わるの?』と疑うなら、引っ越し見積もりサイトで複数業者に合い見積もりを出してみましょう。
1~2万円引っ越し料金が変わりますよ。

【最大50%安くなる】引っ越し見積もり比較はこちら

合い見積もりすると安くなる

値引き交渉が苦手な方は、合い見積もりをして下さい。

引っ越し業者は契約がとれないと仕事がありません。
お客様の取り合いに必死なので、限界ギリギリまで安くしてくれます。

見積もりの際に必ず『他社にも見積もり依頼していますか?』と質問されるくらい、同業他社を意識しています。
『●●引っ越しにも見積もり依頼しています』と具体的に引っ越し業者名を出すと、ソフトにプレッシャーをかられますよ。

いくら安くなる?

私は元値20万円の引っ越し代が10万円になった後、6万円まで値切りました。
70%OFFです。

ここまで割引できたのは、3つの裏ワザのおかげです。

  1. 引っ越しの日付は業者の都合のよい日
  2. 時間指定なし
  3. 引っ越しスタッフは最低限の人数で

引っ越しは土日に集中しやすいため、水木は比較的安いです。
また、大安も引っ越しが混みやすいので、避けた方が無難です。

時間指定なしにしても、引っ越し前日までに何時ごろスタッフが到着するか教えてくれます。

引っ越し費用は、トラック代と人件費がほとんどです。
人件費は1人2万円程度が相場なので、1人減らせば2万円安くなります。

丁寧で安心できる引っ越し業者は?

アリさんマーク
アリさんマークがおすすめです。

スタッフ全員が身元保証人つきで採用されているので、安心感もあります。(他社では普通のバイトと同じ基準でスタッフを選んでいます。間取りや家財道具がすべて引っ越し業者にバレてしまうので、防犯面を心配する人に好評です。)

サカイより5,000円~10,000円高い

サカイとアリさんマークで合い見積もりを取ったことが何度かありますが、アリさんマークの方が5,000円~10,000円高かったです。

ここからも
・安さ→サカイ引越センター
・安心→アリさんマークの引越社
の構図が見えて来ます。

引っ越しに質が違う?

実は、サカイに引っ越しを2回依頼して、2回とも破損がありました。
安物だし、目立たないところだったので気にしませんでしたが・・・(ちなみに、保険で補償されるので、申し出れば修理してもらえます。)

アリさんマークは今のところ破損ゼロです。
お皿も1枚も割れずに引っ越せました。

手際の良さや作業中の態度などは、どちらも好印象でしたよ。

準備がラクな引っ越し業者は?

アート引越センター
アート引越センターです。

ダンボールに仕切りがある『エコ楽ボックス』を最初に使い始めた引っ越し業者で、これにより食器の梱包がとてもラクになりました。

また、無料でもらえる梱包パックのガムテープは、白・赤・黄色の3色。
・白→普通の荷物
・赤→割れ物
・黄→すぐに使うもの
と、ガムテープで色分けして、引っ越し先での荷解きがラクになる工夫もあります。

ダンボール回収を無料でしてくれる

引っ越し後3ヶ月以内であれば、1度だけ無料でダンボールの回収をしてくれます。
大手引っ越し業者は、コスト削減のためにダンボール回収をやめてしまったところが多いです。

引っ越し前は大したことないと思いがちですが、50枚ものダンボールを古紙回収に出すのは大変な作業です。

重たいダンボールを玄関先まで取りに来てくれるのは、かなり助かります。

値段はやや高め

サービス面は申し分ないのですが、サカイやアリさんマークに比べて引っ越し料金はやや高めです。

サカイより1万円程度。
アリさんマークより5000円くらい高いイメージです。

大手引越業者の値段から1番安い引っ越し代がわかる!

もっと安く引っ越しする裏ワザ

貯金箱
ココだけの話、地元の引っ越し業者が1番安いことがあります。

特に単身引っ越しで大きな家具がない場合、他の引っ越し業者の半額近くになることもあります。

私は、東京から神奈川へ単身引っ越しで3万円でした。
たまたまどちらの地域にも、依頼した引っ越し業者の事業所があったため、激安で引っ越せました。

引っ越しトラックは、
事業所→引っ越し前住居→新居→事業所
と移動しますね。

事業所に近い方が人員の配置もしやすく、トラックも空きやすいため、値引きしてもらいやすくなります。

近所の引っ越し業者を探す方法

では、どうやって近所に引っ越し業者があるか調べたか。

私が利用したのは引っ越し見積もりサイトです。

サカイやアリさんマークなどの大手引っ越し業者だけでなく、住所から地元の引っ越し業者を調べて紹介してくれます。

また、引っ越し見積もりサイトから依頼した人限定で割引やダンボールサービスなどの特典もあります。

見積もりは何社でも無料でできるので、1番安い引っ越し業者を探したい方は、ぜひ活用しましょう。

引っ越し見積もり比較サイトは利用するべき!

1番安い引っ越しが分かる!

私は何度か見積もりで失敗した経験があります。
ホームページから申し込みすると、洗剤やお米などがもらえたり、割引がある場合が多いのですが、電話で見積もり申し込みをしたため、何の特典ももらえませんでした。

引っ越し見積もり比較サイトから申し込みすると、様々なキャンペーン適用があるので、引っ越し料金だけでなく、プレゼントがあったりしてお得ですよ。

1番安い引っ越し業者は?【特典あり】見積もり比較サイトはこちら